神職・巫女

金刀比羅宮では、宮司・権宮司・禰宜・権禰宜・主典などの神職、巫女、そして神職の補助をする出仕が、日々大神様に奉仕・奉職し働いています。

【宮司】

宮司は神職の長たる人です。また、祭祀の長であり、経理・造営など神社の管理運営上の責任者であり、宗教法人としての代表役員も兼ねています。

宮司 琴陵容世

【神職】

神職とは、神社の祭祀やその維持・経営などに従事する職員のことで、古くは神官・神主・社人・社家・祝などと呼ばれる場合もありました。

神職

【巫女】

巫女は、古くは神がかりをして神霊の意志を告げる呪的宗教能力を有する女性の名称でしたが、現在では主に神職を補佐して祭事や社務に従事する未婚の女性を指しています。

巫女の服装

巫女


(C) KOTOHIRA-GU 金刀比羅宮
2017年01月31日