紅葉祭

毎年11月10日、紅葉祭を齋行いたします。春の桜花祭と共に、金刀比羅宮の優雅な特殊神事です。

午前9時半より、神職・巫女の行列が、伶人の奏楽を伴い、大門から御本宮まで優雅に参進します。神職は冠に紅葉の小枝を差し、巫女は手に紅葉の枝を持ちます。

御本宮での祭典では、紅葉の小枝を飾った神饌を奉り、斎主が祝詞を奏上、引き続き「八少女舞」を奏進いたします。

祭典の後、緑黛殿での直会(なおらい)にて、「今様」(いまよう)を奏上いたします。明治15年頃、琴平明道学校教授であった国学者 水野秋彦の作歌を今様歌とし、以来、桜花祭と紅葉祭で奏するようになりました。

(雨天の場合、行列は中止です。)


(C) KOTOHIRA-GU 金刀比羅宮
2018年11月5日 3:51 pm