金刀比羅宮 | 振り込め詐欺撲滅祈願祭
振り込め詐欺撲滅祈願祭

令和元年(2019)12月10日[火]午前10時、御本宮にて「振り込め詐欺撲滅祈願祭」を齋行、「振り込め詐欺撲滅祝詞」を奏上し、「御朱印形キャンペーンチラシ」の入った啓発グッズ300個に詐欺被害除けの御祈願をいたしました。祭典には、琴平警察署 堀江良英署長、警友会の皆様、琴平町婦人会の皆様、琴平町役場の皆様、琴平町地域安全推進委員の皆様等が参列されました。

振り込め詐欺の注意喚起をする「御朱印形キャンペーンチラシ」は琴平警察署のオリジナルです。振り込め詐欺は電話を通して行われるため、お守り代わりに電話の近くに貼付してもらおうと製作されました。「詐欺被害除」と大きく記され、併せて注意喚起の文言「現金渡さず、カードも渡さず、情報も渡さず」が記されています。

祭典の後、御本宮の前にて、参列された皆様に金刀比羅宮の神職・巫女も加わり、「御朱印形キャンペーンチラシ」の入った啓発グッズをご参拝の皆様に手渡しました。グッズの中身は、「御朱印形キャンペーンチラシ」1枚、注意喚起チラシ 1枚、警察オリジナル絆創膏セット 1個、風邪予防のマスク 2個です。

警察によると、今年は11月末までに振り込め詐欺などの特殊詐欺事件が香川県内で53件起き、1億1,800万円を超える被害がありました。特に、警察官や金融機関の職員をかたってキャッシュカードを奪う手口が増えていて、警察が注意を呼び掛けています。

取材に来られたテレビや新聞の記者の皆様に堀江良英署長は「パワースポットでもある金刀比羅宮から情報発信することで一人でも被害に遭う人を減らしたい」とお話しされていました。