データ読込中
宝物館
宝物館は、文部省技師の久留正道の設計により明治38年(1905)に建てられました。香川県広島産の花崗岩である青木石で造られた二層建、屋根は入母屋造の瓦葺、玄関は唐破風造(からはふづくり)の銅板葺、という和洋折衷の重厚な建物です。
初期は「金刀比羅宮 博物館 一号館」という名称でした。明治27年(1894)に片山東熊によって建設された奈良国立博物館と同じく、我が国最初期の博物館です。久留正道は明治26年(1893)のシカゴ万博で日本館を設計しています。これを見てフランク・ロイド・ライトは日本建築の良さを認識したといわれています。
館内には当宮の宝物が陳列されています。「十一面観音立像」(重要文化財)、「三十六歌仙額」は特に有名です。
令和2年10月2日~12月中旬ごろ(未定)まで、「甲冑 松平頼重奉納」と「甲冑 松平頼聰奉納」を香川県立ミュージアム「語る武具 ARMOUR&STORIES」展(会期:令和2年10月24日~12月6日)に貸し出します。
重要文化財「十一面観音立像」
平安時代の作で、檜材の一木造、像高 1,440mm。
元は金刀比羅宮の別当寺金光院の観音堂の本尊でした。台座および持物は失われていますが、全身の彩色がよく残っています。 温和で端正な顔容、彫り深く、よく整理された衣文など、県内仏像のうちでも優作のひとつです。
「三十六歌仙額」一覧
人丸/日光宮尊敬親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
紀貫之/青蓮院宮尊純親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
凡河内躬恒/青蓮院宮尊純親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
伊勢/青蓮院宮尊純親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
中納言家持/青蓮院宮尊純親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
山邊赤人/梶井宮盛胤法親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
在原業平朝臣/青蓮院宮尊純親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
僧正遍昭/滋野井大納言季吉:狩野探幽/慶安元年(1648)
素性法師/青蓮院宮尊純親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
紀友則/青蓮院宮尊純親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
猿丸大夫/妙法院宮堯然親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
小野小町/青蓮院宮尊純親王:狩野探幽/慶安元年(1648)
中納言兼輔/円満院門跡大僧正常尊:狩野尚信/慶安元年(1648)
権中納言敦忠/円満院門跡大僧正常尊:狩野尚信/慶安元年(1648)
源公忠朝臣/竹内宮良尚親王:狩野尚信/慶安元年(1648)
斎宮女御/竹内宮良尚親王:狩野尚信/慶安元年(1648)
藤原敏行朝臣/高倉大納言永慶:狩野尚信/慶安元年(1648)
源宗干朝臣/高倉大納言永慶:狩野尚信/慶安元年(1648)
藤原清正/妙法院宮堯然親王:狩野尚信/慶安元年(1648)
藤原興風/妙法院宮堯然親王:狩野尚信/慶安元年(1648)
坂上是則/竹屋参議光長:狩野尚信/慶安元年(1648)
小大君/竹屋参議光長:狩野尚信/慶安元年(1648)
大中臣能宣朝臣/滋野井大納言季吉:狩野尚信/慶安元年(1648)
平兼盛/滋野井大納言季吉:狩野尚信/慶安元年(1648)
中納言朝忠/高倉大納言永慶:狩野安信/慶安元年(1648)
藤原高光/高倉大納言永慶:狩野安信/慶安元年(1648)
壬生忠岑/竹内宮良尚親王:狩野安信/慶安元年(1648)
大中臣頼基朝臣/竹内宮良尚親王:狩野安信/慶安元年(1648)
源重之/円満院門跡大僧正常尊:狩野安信/慶安元年(1648)
信明朝臣/円満院門跡大僧正常尊:狩野安信/慶安元年(1648)
源順/青蓮院宮尊純親王:狩野安信/慶安元年(1648)
清原元輔/実相院門跡大僧正義尊:狩野安信/慶安元年(1648)
藤原元真/梶井宮盛胤法親王:狩野安信/慶安元年(1648)
平仲文(藤原仲文)/梶井宮盛胤法親王:狩野安信/慶安元年(1648)
壬生忠見/小川坊城中納言俊完:狩野安信/慶安元年(1648)
中務/小川坊城中納言俊完:狩野安信/慶安元年(1648)
館内ではマスク着用をお願いいたします。
文化施設のスケジュールや展示内容は予告なく変更になることがあります。確実にご覧になられたい場合は、お手数ですが、事前に社務所にご確認下さい。
電話: 0877-75-2121 (社務所)
ファクシミリ:0877-75-2125(社務所)
(C) KOTOHIRA-GU 07-Oct-2020 18:13