巡回展「金刀比羅宮 書院の美」について

巡回展「金刀比羅宮 書院の美」

 
 

4会場

巡回展「金刀比羅宮 書院の美」

2007年7月〜2008年12月まで、大規模な巡回展「金刀比羅宮 書院の美」を開催いたします。

「こんぴらさん」の愛称で親しまれている金刀比羅宮は、円山応挙や伊藤若冲らの障壁画など、貴重な文化財を数多く保有する「日本美術の宝庫」です。本展は、それらの大部分を日本国内のみならずフランスまで移動し巡回展示する画期的な展覧会です。

巡回先は、国内3会場、フランス1会場の計4会場です。

最初の会場は、東京藝術大学 大学美術館です。期間は、2007年7月7日(土)〜9月9日(日)です。円山応挙の障壁画と伊藤若冲の襖絵を中心に約130点を展示し、金刀比羅宮の美と信仰の世界を紹介します。この円山応挙の障壁画と伊藤若冲の襖絵は、4会場全てで展示いたします。

次の会場は、金刀比羅宮です。期間は、2007年10月1日(月)〜12月2日(日)[前期]、12月29日(土)〜2008年1月31日(木)[後期]です。境内の新しい茶所「神椿」の完成を記念して(2007年秋に竣工予定)、非公開の奥書院を特別に観覧可能にするなど、金刀比羅宮の「文化ゾーン」を大公開いたします。

3番目の会場は、三重県立美術館です。期間は、2008年4月26日(土)〜6月8日(日)です。

そして、最後の会場はパリです。日仏交流150周年事業として、フランス国立ギメ東洋美術館で開催いたします。期間は、2008年10月15日(水)〜12月8日(月)です。

本展の最大の呼び物は、書院の空間再現です。金刀比羅宮以外の会場では、表書院を飾る円山応挙の障壁画(重要文化財)と、伊藤若冲の奥書院の襖絵を、室内そのままの空間を再現するように展示します。まさに書院の部屋が金刀比羅宮から各会場へ移動するのです。

円山応挙の障壁画は、応挙美術の頂点ともいえる壮大な作品群です。伊藤若冲の奥書院《花丸図》(1764)は、四方の壁に四季の花々が描かれ、まさに百花繚乱の豪華さを呈しています。その空間再現を以て、全4会場で金刀比羅宮の書院の美を体験していただけます。

 
アイコン  
東京藝術大学 大学美術館(終了しました)
展覧会名  「金刀比羅宮 書院の美 ―応挙・若冲・岸岱―」
会場 東京藝術大学大学美術館(東京都台東区上野公園12-8)
会期 2007年7月7日(土)〜9月9日(日)
主催 東京藝術大学、金刀比羅宮、朝日新聞社
後援 文化庁(予定)
協賛 日プラ株式会社、野崎印刷紙業株式会社
     
アイコン  
金刀比羅宮 文化ゾーン(終了しました)
展覧会名 「金刀比羅宮 書院の美 −応挙・若冲・岸岱から田窪まで−」
会場 金刀比羅宮 文化ゾーン(〒766-8501香川県仲多度郡琴平町892-1)
会期 前期:2007年10月1日(月)〜2007年12月2日(日)
後期:2007年 12月29日(土)〜2008年1月31日(木)
主催 金刀比羅宮、朝日新聞社
後援 文化庁、香川県、琴平町、香川県教育委員会、琴平町教育委員会、KSB瀬戸内海放送
協賛 日プラ株式会社、住友化学株式会社、野崎印刷紙業株式会社、キヤノン株式会社
協力 財団法人京都国際文化交流財団
     
アイコン  
三重県立美術館(終了しました)
展覧会名  「金刀比羅宮 書院の美 −応挙・若冲・岸岱から田窪まで−」
公式サイト 朝日新聞社
会場 三重県立美術館(〒514-0007 三重県津市大谷町11番地)
会期 2008年4月26日(土)〜6月8日(日)
観覧料 一般1000円(800円)、高・大生800円(600円)、小・中生500円(300)円
※( )内は、20名以上の団体、前売料金
※身体しょうがい者手帳等をお持ちの方及び付添の方1名は観覧料無料
交通 ■交通機関ご利用の場合:
津駅(JR線・近鉄)西口より徒歩10分
または
津駅西口より三重交通バス循環 津駅西口(むつみが丘・つつじが丘経由行き、または総合文化センター行き2分、美術館前下車徒歩1分)
■自家用車でお越しの場合:
伊勢自動車道津インターチェンジより約15分、料金所を出られてすぐに左折していただくと、美術館への標識が要所にございます。
駐車場の収容台数は約130台ですが、展覧会によっては混雑のため駐車できない場合もありますので、可能なかぎり公共交通機関をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。
問い合わせ 電話:059-227-2100
主催 三重県立美術館、金刀比羅宮、朝日新聞社、メ〜テレ、(財)岡田文化財団
後援 文化庁、近畿日本鉄道
協賛 日プラ株式会社、住友化学株式会社、野崎印刷紙業株式会社、キヤノン株式会社、井村屋製菓株式会社、岡三証券株式会社、中部電力株式会社、日本トランスシティ株式会社
協力 (財)京都国際文化交流財団、(財)三重県立美術館協力会
     
アイコン  
フランス国立 ギメ東洋美術館(終了しました)
展覧会名 「こんぴらさんの応挙、初めてのパリ 〜 日仏交流150周年記念」
会場 フランス・パリ市「フランス国立ギメ東洋美術館」
会期 2008年10月15日(水)〜12月8日(月)
主催 フランス国立ギメ東洋美術館、金刀比羅宮、朝日新聞社、展覧会支援委員会
後援 在仏日本大使館、在日フランス大使館
協賛 日・仏企業(予定)
監修 ジャン=フランソワ・ジャリージュ(フランス国立ギメ東洋美術館館長)
高階秀爾(東京大学名誉教授、大原美術館館長)
河野元昭(東京大学名誉教授)
展覧会責任者

エレーヌ・バイユー(フランス国立ギメ東洋美術館学芸員)
田窪恭治(美術家、金刀比羅宮文化顧問)

     
 
(C) KOTOHIRAGU 2007
Tuesday, 12/09/2008 0:49