円山応挙 障壁画@表書院
円山応挙 「鶴之間」 遊鶴図 天明7年(1787) 55歳作 紙本墨画
二羽の鶴
東側の床の間には、羽に頭をうずめるようにして身を寄せ合う二羽の真鶴が描かれています。
一羽の真鶴と二羽の丹頂鶴
続く北側の襖には、稚松の生える土坡上に立つ一羽の真鶴と二羽の丹頂鶴がおり、あたりの様子を窺うかのようにそれぞれ違う方向を見やっています。
飛来する丹頂鶴
そして西側の襖には、空から飛来する丹頂鶴や、風に靡く葦のほとりを歩む丹頂鶴がいるなど、様々な姿態の鶴が描かれています。
鶴の間

玄関を入ってすぐ左に位置するこの室は、諸家から来た使者の控えの場でした。

(C) KOTOHIRAGU 2003 [Saturday, November 30, 2002 5:32:11 PM]