高橋由一館

高橋由一館 常設展示

金刀比羅宮には日本近代洋画の祖、高橋由一の油絵が27点もあります。2001年、高橋由一による「琴陵宥常像」が発見され、新聞などで話題になりましたが、当宮にある由一の作品はその宥常宮司が明治期に購入したものです。高橋由一館では、27点全ての作品を常設展示しています。

常設展・特別展 スケジュール・・・期間・開館時間・入場料などはこちらをご覧ください。

作品一覧


金刀比羅宮と高橋由一

「日本洋画の開拓者」「幕末明治の巨人」と称される高橋由一は、「鮭」(東京藝術大学所蔵、重要文化財)「花魁」(東京藝術大学所蔵、重要文化財)の画家として広く知られています。その高橋由一の油絵27点が金刀比羅宮にあります。

明治11年、金刀比羅宮では琴平山博覧会に向けて、本宮の造営など大規模な工事が行われていました。同年8月、由一は「二見ヶ浦」と小襖仕立(金刀比羅本教総本部に設置)の「貝図」を金刀比羅宮に奉納しました。

そして同年11月、由一は、自ら主催する画塾「天絵舎」の拡張資金融資を金刀比羅宮に依頼しました。翌明治12年2月、由一は35点の油絵を奉納し、資金200円を受領しました。

琴平山博覧会は、翌月の3月1日から6月15日まで開催され大盛況でした。由一の油絵は書院の長押に展示されました。

さらに翌明治13年12月から14年1月中旬まで由一は琴平に滞在し、「琴平山遠望」「琴平山下石淵川の図」「深見速雄像」「琴陵宥常像」を描きました。

現在、「深見速雄像」「琴平山下石淵川の図」の所在は不明です。

実は「琴陵宥常像」も長らく所在不明でしたが、平成13年、現在の宮司琴陵容世宅から発見されました。このニュースは新聞やテレビで報道され、金刀比羅宮と由一の関係や貴重な作品群の存在が広く知られるようになりました。


(C) KOTOHIRA-GU 金刀比羅宮
2015年8月7日 10:18 pm