高橋由一作品展 @金毘羅庶民信仰資料収蔵庫

「左官」
1873-76
油彩・キャンバス
33.7×42.2 cm

風景画の点景として、道行く人々や働く人を描くことが多い。「江之島墨堤桜花」「墨堤雪」「本牧海岸」などである。本図は働く人を大きく構図し、題名も「左官」とした珍しい作品である。

左官は素早い筆さばきであっさり描かれている。これから修理される土蔵に注目していただきたい。下部の墨壁の剥げた様子、白壁のユーモラスな相合傘や顔のいたずら描き。由一はこれを描きたくて左官を描いたのではと思えてくる。

(C) KOTOHIRAGU 2003 [Tuesday, February 11, 2003 12:19:18 AM]