平成28年 春分祭・春季大霊神祭

ことひらニュース 〜 平成28年(2016)3月20日 日曜日

春の彼岸の中日である「春分の日」は、「国民の祝日に関する法律」により〝自然をたたえ、生物をいつくしみ、先祖を敬う日〟と定められた祝日です。

平成28年の春分の日である3月20日[日]、御本宮において「春分祭」を齋行、引き続き、緑黛殿の大階段において、歴代天皇や皇后・皇族の神霊を祀る皇霊殿(こうれいでん)を遥拝いたしました。

その後、表書院に隣接する幽深殿において「春季大霊神祭」を齋行いたしました。金刀比羅宮の氏子・崇敬者の皆様が全国から集い、祭壇に並べられた木主に感謝の祈りを捧げ、先祖を敬うお祭りです。

直会として、白書院において讃岐名物の〝うどん〟を皆様にお召し上がりいただきました。

当日は3連休の中日でもあり、境内は多くのご参拝の皆様で賑わい、桜の名所「桜馬場」のヒガンザクラも満開でした。


(C) KOTOHIRA-GU 金刀比羅宮
2016年3月21日 12:07 pm