第50回 金刀比羅本教教師養成講習会

平成28年5月13日[金]〜17日[火]までの5日間、金刀比羅本教総本部にて、「第50回 金刀比羅本教教師養成講習会」を開催いたしました。全国の布教所・教会所などで信者を教化育成する教師を養成するため、毎年開催しています。

「こんぴらさん」の信仰発展の大きな理由は、主に2つあります。1つ目はその権威です。金刀比羅宮は、金毘羅大権現であった江戸時代、慶安元年(1648)に朱印地、宝暦3年(1753)に勅願所、安永8年(1779)に幕府祈願所となり、3重の権威で支えられました。

2つ目は教祖の尽力です。金毘羅大権現第4代の別当職 金剛坊宥盛(厳魂彦命)、即ち教祖は、遠く東北地方まで国内を巡り、金刀比羅大神様の御神徳を広め、且つ多くの人々の救済に生涯をささげました。

そうした信仰発展の過程で、こんぴらさんを信心する人達の集まりが全国各地にできました。「こんぴら講」の誕生です。

「こんぴら講を基礎として金刀比羅大神様と教祖 厳魂彦命の恩頼をより多くの人々に受けていただき、教祖の教えを後世に伝えられたら」との思いで、初代管長 琴陵光重(第21代宮司)は、昭和41年(1966)7月17日に「金刀比羅本教」設立の役員会を開き、翌昭和42年(1967)5月3日に「金刀比羅本教立教奉告祭」を御本宮と厳魂神社にて斎行し、昭和44年(1969)8月5日に「宗教法人金刀比羅本教」の認証を得るにいたりました。

現在、金刀比羅本数は、二代目管長の琴陵容世(第22代宮司)のもと、金刀比羅大神様を主祭とし、教祖立教の大旨を頂き、布教活動を行っています。

 

時間割
日時 第1日目 第2日目 第3日目 第4日目 第5日目
13日[金] 14日[土] 15日[日] 16日[月] 17日[火]
6時 起床・清掃 起床・清掃 起床・清掃 起床・清掃
7時 朝祭 朝祭 朝祭 朝祭
8時 朝食 朝食 朝食 朝食
9時 境内清掃 境内清掃 境内清掃 閉講祭習礼
記念撮影
10時 講義
「社頭・神道講話」
講義
「敬神生活の綱領
神職奉務心得」
火焚・鳴動神事準備
御幣・由布調整
閉講祭
11時 閉講式
修了証授与
12時 受講受付 昼食 昼食 昼食 昼食
13時 御本宮正式参拝
白峰神社正式参拝
奥社祈願祭奉仕
講義
「祝詞浄書」
講義
「金刀比羅宮の蹴鞠」
実技
「鳴動神事」
解散
14時 実技
「火焚神事」
15時 実技
「祭式」
・基本所作
・朝夕祭祭式
実技
「祭式」
・基本反復
・金幣式(希望者)
火焚・鳴動神事片付け
実技
「祭式」
・閉講祭祭式
16時 開講祭
17時 開講式 夕祭 夕祭 夕祭
夕祭習礼
18時 夕祭 夕食 夕食 夕食
19時 夕食 自習 自習 自習
20時 自習
21時 就寝 就寝 就寝
22時 就寝

 

 


平成29年「第51回 金刀比羅本教教師養成講習会」のお知らせ

神ながらの大道と御祭神の神徳を宣揚し、儀式行事を行い、信者を教化育成する教師を養成する講習会を本教規定に基づき、下記の通り開講いたします。受講を希望される方は、前もって金刀比羅本数総本部までお申し込み下さい。

金刀比羅本教総本部の住所と電話番号

住所:〒766-8501 香川県仲多度郡琴平町892-1 金刀比羅本教総本部
電話:0877-75-2121(代表)


(C) KOTOHIRA-GU 金刀比羅宮
2017年2月24日 5:02 pm